ふるさと納税の新常識!クラウドファンディングで地域活性を助けよう【2019年最新情報】

返礼品競争の過熱が問題視される「ふるさと納税」の新しい寄付の募り方「GCF(ガバメントクラウドファンディング)」が広まり始めている。「ガバメントクラウドファンディング」は、企業や個人など事業者が使い道と目標金額を具体的に示し、インターネットを介して出資を募る「クラウドファンディング(CF)」の自治体版だ。地域振興などの施策を進めるのにも活用できるとあって、とりわけ財政規模の小さな地方自治体などが注目しています。

クラウドファンディングって何?

「こんなサービスやモノを作ってみたい」「世の中の問題をこんなふうに解決したい」といったプロジェクトやアイディアを持っている人が、その内容をインターネットサイトなどを通じて発信して、必要な資金を集める方法のことです。
多くの人から共感を得らるようなプロジェクトであれば、個人でも必要な資金を集められるため、新たな資金集めの手法として注目されています。

 

ふるさと納税のクラウドファンディングとは?

ポータルサイトである「さとふる」「ふるなび」で実施している「クラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄付金の使途に応じた事業を立ち上げ寄付を募る、クラウドファンディング型ふるさと納税サイトです。

寄付者は「さとふるクラウドファンディング」上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択することができるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することもできます。

自分が協力したいと思うプロジェクトに対して寄附ができるので、もちろん生まれ育った場所や思い出の地を具体的に支援することもでき地域活性、社会貢献に繋がります。
通常のクラウドファンディングと同様に、プロジェクト達成後は御礼の品を貰えることも♪
更に、通常のふるさと納税と同様に、住民税や所得税の還付対象にもなります。

「さとふるクラウドファンディング」をチェック

「ふるなびクラウドファンディング」をチェック

 

ふるさと納税クラウドファンディングのプロジェクト例

では実際にどのようなプロジェクトがあるのでしょうか。大きくジャンルをあげると、環境保全、歴史保全、動物愛護、スポーツ支援、介護・育成支援などになると思います。いくつか例をピックアップしてみましたので是非参考にしてみてください。

環境保全 プロジェクト例

■ふるさとやまがたの「白竜湖」を消滅の危機から救いたい!

「白竜湖」は、山形県の南部、上杉家の湯治場として栄えた赤湯温泉から程近くにあります。
周辺の山々に並ぶぶどう棚、のどかな田園風景と調和した「白竜湖」の景観は、ふるさとの原風景として山形県民に広く愛されています。
祖先は、戦後の食料増産のため大谷地の干拓とかんがい用水の整備に努力と苦労を重ね、現在の実り豊かな田園地帯をつくりあげました。
しかし、その後の周辺環境の変化や水質の富栄養化などから、夏場には大量のヒシが生い茂り、泥の沈殿により毎年水深が浅くなり、湖面も小さくなっています。
このままでは、今世紀中には湖が消滅してしまうのではないかと危惧されています。「白竜湖」を消滅の危機から救うため、皆様からのご支援が必要です。

詳細をチェック

歴史保全 プロジェクト例

■キリシタン禁教のもと守り継がれてきた信仰の象徴を、後世に残したい

福岡県大刀洗町には、国内でも非常に珍しいレンガ造りのすばらしいカトリック教会があります。大刀洗町にそびえ立つレンガの双塔「今村天主堂」。キリシタンの弾圧を耐え抜いてきた歴史ある天主堂です。その教会も100年の月日がたち、老朽化が進み、耐震化工事が必要となりました。その費用は12億円以上と見込まれています。国の補助はあるにしても地元にも大変大きな負担となるため、皆さんからの支援をお願いしています。

詳細をチェック

動物愛護 プロジェクト例

■地域猫の不妊・去勢手術支援プロジェクト

地域猫とは、特定の飼い主がおらず、その地域の住民たちの同意とルールのもとで適切に管理されながら暮らしている猫のことです。各地域にはたくさんの地域猫がいます。猫は繁殖能力が高く、多くなりすぎてしまうと病気やケガをしてしまいやすくなり、またせっかく生まれた子猫が殺処分になってしまうなど不幸せな猫が増えてしまいます。
地域猫活動には不妊去勢手術が不可欠です。
我孫子市では地域猫の不妊去勢手術に要する費用の補助を行っていますが、まだまだ十分には進められていないのが現状のためクラウドファンディングでも支援を募っています。

詳細をチェック

スポーツ支援 プロジェクト例

■山中湖村スポーツ少年団のサポーター支援


山中湖村教育委員会生涯学習係では、子どもたちの未来のために様々な支援をしています。その一環として、スポーツ少年団にも指導・助言・支援を実施しています。
しかし村は冬季になると-15度ほどまで冷え込み降雪も多いため体育館しか使用できなくなりますが、様々なスポーツに対応できない状況が課題になっています。

そこで、スポーツ少年団に防寒グッズ(例えば、ベンチコートなど)をプレゼントすることで、子どもたちに冬でも夏と変わらない練習量をキープしてもらい、県大会・全国大会で好成績を収めてもらえるよう支援をお願いしています。

詳細をチェック

介護・育成支援

■音楽のまちで元気に演奏する子どもたちのために新しい楽器を贈りたい!

岩手県矢巾町は県内で2番目に小さい町ですが、幼稚園・保育園~大学までが揃っており、子育てに強いまちを推進しております。そんなわが町では、町民がより音楽に親しみを持てるよう2016年に「音楽のまち」を宣言しました。町内にある県立不来方高等学校の音楽部は、全日本合唱コンクール全国大会において、最高賞となる文部科学大臣賞を3年連続で受賞するなど多くの大会で活躍しているほか、各小中学校では鼓笛隊や吹奏楽部での活動を中心に、音楽のまちを推進しております。
大きな大会への出場経験も増えてきたことで、様々な団体から演奏依頼のお声が掛かるようになりました。
しかし、嬉しい一方で、会場までの移動費や楽器の運搬費が膨大にかかっており、学校や保護者会の予算では賄えないのがほとんどです。子どもたちが使用している楽器は、メンテナンスを繰り返しながらもう何十年も同じ楽器が使われていますが、このような現状のため、なかなか楽器の買い替えまで資金を回すことができずにいます。
子供たちのために是非暖かい支援をお待ちしております。

詳細をチェック

 

関連記事

クラウドファンディングのシステムを使うことで通常の支援からプロジェクト着手までのスピードが大幅にアップするという見解もでています。
自治体にとって地域支援施策に選択肢が増えたことになる他、地元応援というふるさと納税の趣旨にも合い、新たな意義を見いだせそうです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 果物や野菜の名産地で作られる果汁100%ジュースを厳選しました。 どれも素材の良さが伝わる自然の味…
  2. おすすめの返礼品の最新ランキングをご紹介します。 今月も定番の和牛・ブランド牛やイクラなど高級品が…
  3. お仕事を頑張った後には、甘くて濃厚なスイーツが食べたくなりますよね。 甘いものは私たちの口と心を幸…

ふるさと納税サイト

さとふる

Wowma!ふるさと納税

ふるなび

楽天ふるさと納税

ふるさと本舗

ふるさとプレミアム

ページ上部へ戻る