おすすめ伊勢海老返礼品特集

伊勢海老は、その大きさと厚くゴツゴツとした甲殻が特徴的なエビですよね。実は、他のエビと違うのは見た目だけでは無く、珍しい生態をしています。例えば、繁殖期には他の伊勢海老について動くという習性があり、列を形成して歩くらしいです。また、利害が一致していることからウツボと共生状態になることが多々あるといいます。不思議ですね!

日本では高級食材として扱われる伊勢海老、地域によっては中々食べる機会がないという方や高額で手が出しにくいという方もいるのではないでしょうか。そんなときには、ふるさと納税です!実質2000円で質の高い伊勢海老を受け取ることが出来ます。今回は、様々な自治体から届く伊勢海老の返礼品をまとめました。返礼品を申し込む際の参考にしてみてください!

伊勢志摩産の鮮度を体感!【静岡県藤枝市 三重県産 凍眠伊勢海老3尾セット】寄付額26000円

諸説ありますが、古くから伊勢で沢山獲れたことから「伊勢海老」と名付けられただけあり、三重県は伊勢海老の生産額が毎年全国1位になっています。
こちらの返礼品は、そんな伊勢志摩産の臭みが少なく、身入りの良さと上品な甘さが特徴の伊勢海老が厳選されています。そして、鮮度が抜群な伊勢海老を一尾ずつ丁寧に手作業で真空包装し、瞬間冷凍する、凍眠加工が施されています。
伊勢海老はかなりデリケートで、生きた状態でショックを受けると自ら足を切り落としてしまうことがあったり、寒さに敏感で冷蔵すると死んでしまうという特製があります。
そのため、伊勢海老を新鮮な状態で届けるための様々な方法が発案されました。
そのうちの一つが凍眠加工なんですね。
こだわりの製法で届く伊勢海老は、もちろん鮮度抜群!
さらに、個包装されているので好きなときに好きな分だけ解凍することができ、すぐに調理できて便利です。
3尾も入っているので、それぞれどう調理するか考えるのも楽しいですよね。

三重県産 凍眠伊勢海老3尾セットのお申込みはコチラ

最高の鮮度!【高知県室戸市 活伊勢海老(900g)】寄付額25000円

室戸市は、過去に二度の大きな台風を受けたことがあり、国内で北海道を除くと最も人口の少ない市です。
そんな台風銀座として有名な室戸市の荒波にもまれながら育った伊勢海老は、身が引き締まりぷりぷりとした食感がたまりません。
こちらの返礼品はそんな室戸市で獲れた伊勢海老を、なんと生きたままの状態で受け取ることが出来ます!調理するその時まで生きているとなると鮮度は最高ですよね。
先程も書いた、伊勢海老を新鮮な状態で届けるための方法の一つは籾殻や毛布に包んで送ることなんです。
寒さに弱い伊勢海老でも1週間は生きることができるといいます。
活きた状態で急速冷凍すれば、解凍後そのまま生で頂くこともできます。
届く季節によっては、冬眠状態で届いたり、稀に死着することもあったりします。死着した場合も加熱調理をすることで問題なく、おいしく頂くことができるのでご安心を。
やはり生きたまま届くというところが魅力的ですよね。調理は少し大変ですが、その分おいしく頂けますよね!
ちなみに、アメリカではエビを生きたまま調理する際、包丁を入れる一刀目は身が左右に分かれるように切らないと法律に違反することがあるようですよ。ここは日本なので大丈夫ですが笑
生物なので、くれぐれも調理には気をつけてくださいね!

活伊勢海老(900g)のお申込みはコチラ

贅沢三昧!【佐賀県唐津市 水野旅館 お食事券2名様分(伊勢海老と佐賀牛の網焼きが入った会席料理)】寄付額50000円

もちろん、返礼品は届くものだけではありません!体験型返礼品など、自ら寄附をした地域へ足を運ぶものもあります。
こちらの返礼品は、佐賀県唐津市からお食事券が送られてくるので、唐津市の旅館へお食事をしに行くことになります。
プチ旅行をしに行く際や、日頃仕事を頑張ったご褒美に贅沢な食事をしたい!というときにおすすめです。
佐賀県といえば!というものが集まった会席料理を楽しむことが出来ます。伊勢海老の活き造りから、玄海のイカの活き造り、佐賀牛・サザエの網焼きなど超豪華な献立になっています!どうせ贅沢をするならパーッといきたい!という方にぴったりですね。
お食事をする水野旅館は、唐津城と、国指定重要文化財「旧高取邸」の近くに佇んでおり、とても雰囲気があります。
個室からは唐津湾を一望でき、この個室だけで十分に観光をしている気分になれてしまいます。
たまにの息抜きなどにいかがでしょうか。

水野旅館 会席料理お食事券(2名様分)のお申込みはコチラ


まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか!気になった返礼品はありましたでしょうか?伊勢海老の返礼品と言っても、色んな種類・形態の返礼品がありますね。コスパや量を求めるのも、贅沢品を求めるのもふるさと納税の醍醐味なので、毎年自分の需要に合わせて返礼品は選びたいですね。気になった返礼品があれば、ぜひ申し込んでみてくださいね!

関連記事

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税は自分の年収にあわせた納税限度額の中で、1月1日~12月31日の間でいつでも寄付をするこ…
  2. たこ焼きが大好きな方はたくさんいらっしゃると思います。 小腹がすいた時やたこパーをしたい時など、い…
  3. 伊勢海老は、その大きさと厚くゴツゴツとした甲殻が特徴的なエビですよね。実は、他のエビと違うのは見た目…

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る